ひとり言 ひとり言とかいろいろ

危険意識の欠如-2(母学コーチング)

投稿日:2017年8月24日 更新日:

危険意識の欠如-1の続きです。

子供達には、自分で考え、しっかりと危険意識を持った人になってほしい。

夜に、コーチングを所々に交えて、長男と話しました。

———————————————————————-

私「長男くん、ちょっといいかな?話があるの」

↑長男の両手を持ち、じっと、目を見ながら、穏やかに話しかけました。

ただならぬ雰囲気を感じたのでしょう。長男は、身構えていました。

長男「良いよ。なあに?」

私「昨日から、手すりによく上るよね。手すりは上っても良いところかな?」

じいーーーっと、考えていました。結構時間が経ちました。しばらくしてから、上目遣いで、ゆっくりした口調で、

長男「上ってはダメだと思う。でも、楽しいから上りたいの。」

私「上ってはいけないと思うのね。でも、楽しいから上りたいのね。どういうところが楽しいの?」

長男は、首をひねって、

長男「うーーーーん。わからない」

私「そっかぁ。わからないけど、上ると楽しいのね。」

長男はキラキラした表情で、

長男「うん!上ると楽しいの!」

私「そっかぁ。楽しいのね。では、どうして、上ってはいけないと思ったの?」

長男「危ないから」

私「危ないと気が付いたのね。よかった。ママもそう思うわ。どうして危ないのか考えてみようか。上ったらどうなるかな?」

長男「向こう側に落ちちゃうかもしれない」

私「向こう側に落ちちゃうかもしれないと思うのね。手すりを上って、向こう側に落ちちゃって。手すりがすごく高いところ、10mとかの高さだったら、どうなるかな?10mって、長男くんが10人くらい上に並んだ高さだよ。そこを落ちたら、どうなるかな?」

長男はおびえた顔をして、

長男「死んじゃうと思う・・・」

私「そうだよね。死んじゃうよね。その落ちたところを車がビュンビュン走っていたら?」

長男「・・・。車にひかれる・・・」

私「そうだよね。車にひかれるよね。」

私は、今度は、マンションのバルコニーの手すりを指さして、

私「じゃあ、バルコニーの手すりを上ったら、どうなる?」

長男「落ちて、死んじゃうと思う」

私「上って、向こう側に行って、落ちて、死んじゃうよね。上って良いところかな?」

長男「ダメ!上ってはダメ!死んじゃうから」

私「そうだよね。他にも危ないところはあるかな?」

長男「電信柱とか、標識のポールとか。そういう場所も危ないから上ってはダメ」

私「よく気が付いたね。電信柱とか、標識のポールとかも、上ってはいけないと気が付いたのね。すごいね!じゃあ、死んじゃったら、どうなるのかな?」

長男「・・・」

しばらくしても言葉を発しなかったので、ここは私の意見を言ってしまいました。

私「死んじゃったら、長男君が大好きな遊びも、大好きなお友達と遊ぶことも、幼稚園に行くこともできなくなってしまうのよ。何にもできなくなる。ママもパパもじじもばばも、長男くんのことが大好きな人たちが、みーーんなみんな、泣いて泣いて、えんえん泣いて、過ごすことになる。ママやパパがぎゅーーってすることもできなくなる。」

長男「・・・うん・・・。お友達と遊ぶことも、幼稚園にも行けなくなる。みんな悲しい気持ちになる。ぎゅーーしてもらえなくなる。」

ここで、じいいーーーーーーーーーーっと神妙な面持ちで聞いていた次男登場。

次男「次男くんが、アンパンマンになってぇーー、ひゅーーんって、助けてあげるよ!!」

私は、苦笑いしながら、

私「・・・。アンパンマンになって助けてくれるのね。」

次男「そう!次男くんはアンパンマンだから!!」

私「そっかぁ。次男くんはアンパンマンになりたいんだもんね。じゃあ、手すりに上らなかったらどうなるかな?」

長男と次男が同時に「死なない!上らなかったら、死なない!」

私「そうだよね、死なないよね。死ななかったら、どうなる?」

ここで、次男がいち早く、

次男「幼稚園に行ける!お友達と遊んだりぃー・・できる!」

長男「うん、幼稚園に行けるし、お友達と遊んだりもできるね。ママやパパにぎゅーしてもらえる。」

私「そうだよね。死ななかったら、幼稚園にも行けるよね。お友達と遊んだりもできるよね。死ななかったら、ママは何だってできると思うんだ。これからも、楽しいことがたくさんたくさん待ってると思うんだ。なりたいものにもなれるしね。長男君は将来は、何になりたいんだった?」

長男「・・・パイロット・・・」

私「そうだったね。パイロットだったね。死ななかったら、パイロットになれるよ。前になりたかった、ロケット作って乗る人にもなれる。なりたいのになんだってなれる。」

長男は、キラキラした表情になって、

長男「なりたいのになれる!」

私「そうよ。なりたいのになれるのよ!手すりは上っても良いかな?」

長男「上ってはダメ!手すりは、もう上らない!もう絶対に上らない!上って死んじゃったら、パイロットになれないから、もう上らない!」

私「声が明るくなったね。上らないのね。よかった」

長男「うん!」

次男「次男くんも、上らない!手すりに上らない!」

そのような話をしました。途中、回答が得られなかったところに関しては、質問形式を変えるなど、長男の言葉を引き出すべきだったかもしれないのです。「死んだらどうなるのか?」について、まだ想像力がないと判断し、私の意見を述べました。

我が家には、ヨシタケシンスケさんの「このあと どうしちゃおう」があります。死んだあとにどうなるのか?という絵本です。長男はヨシタケシンスケさんの絵本が大好きで、この本もよく読みますが、死についてはまだよくわかってないと感じます。

コーチングを交えて、長男と話しましたが、その間、次男がじいーーーーーっと聞き入っていたんです。3歳は3歳なりに、考えていると感じました。

長男や次男が、最後に「手すりに上らない。」と結論を出しましたが、そう言ったからといって、もう上らないだろうとは私自身、思っていません。

今夜の話し合いをすっかり忘れ、楽しさに心奪われ、また、上るかもしれない。

安堵せずに、見守っていきたいと思います。

そして、また上ったら、再度、コーチング。

何度も何度も、子供たち自身に気が付かせ、危険意識を高めていきたいと思います。

 

-ひとり言, ひとり言とかいろいろ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小1長男 公開授業

長男の学校公開に行きました。小1最後の公開です。 どこを切り取っても、担任の授業の進め方に感心しました。もう、感動の域です。おそらく、コーチングを学ばれているのでしょう。 🌟子供たちに、いつも考えさせ …

③良いところ100

わたしの、良いところ 母学の仲間が書いてくれた内容   オットが見たら、 えっ⁉️ どこが⁉️ と、なりそうですが、、笑   見る人によって、 その人の印象は変わるよね。 &nbs …

集中力のつけ方

帰宅するなり、読書する小1長男。 小学生に上がって、 急に、難しい本を読むようになった✨ 隙間時間を狙って、本ばかり読みあさる。 今日は台風なので、外遊びは中止。 これから、 おやつ食べて、 プール行 …

パレートの法則⁉️

我が家の様子 1番働く人→オット普通の人たち→年長長女、小4長男、私1番動かない人→小2次男 次男1年の時、担任に、『次男くん、きちっとされてますよね。すごくしっかりしたお子さんで。自らどんどん行動し …

疲れた小中学生

近所の整体には小中学生も来るらしいです。 1年以上前の話になります。 整体師さんが、「こないだ、中学生を施術したんだよね。その時、君の夢は?ってきいたの。そしたら、『おじいさんになりたい。ゆっくりした …

💎目的

💎子供達の見えない力(『深く考える力』『人とは違う独自性を生み出す力』『人を大切にする力』)を鍛えることにより、人生を愉しむ力・生き抜く力を育てていきます。

そして、彼らの夢を実現し、その職業で、思う存分力を発揮し、社会に貢献できる大人になってほしいと思っております。


①深く考える力
コーチング(5W1H)、10のマジックワード、1つの事柄に5つ以上の質問。どんぐり倶楽部の文章題、絵本月200冊以上の読み聞かせ

②人とは違う独自性を生み出す力
受身の時間を減、自ら作り出す時間を増

③人を大切にする力
友達との外遊び、家族間での関係性、自分も大切にする

詳しくは↓

★子育てと教育に関する考え★

————————————————

💎1睡眠2食事3運動4学習の順番で大切

(宮本算数教室より)


インスタ説明

💎インスタグラムに、幼稚園児が作ったお弁当載せています。↓

自己紹介


自己紹介
はじめまして!
ままのちゃんです。ブログにお越しいただきましてありがとうございます。

積木や、知育玩具作りが大好きです。

一級建築士

『子供の能力を最大限に伸ばすには、どうしたら良いか』ということばかり考えています。

夢は、家族みんなで幸せな気持ちで長生きすること。

どうぞよろしくお願いいたします。

ブログをメールで受信

💎更新をメールで受信できます

家族

—————————————-
ままのちゃんの家族
☆ぱぱのちゃん
東大卒、一級建築士。
穏やか。いつもニコニコ笑顔で子供達と接してます。子供達に大大大人気!

☆長男(8歳・小3)
宇宙大好き、生産活動大好き、科学館大好き、キャンプ大好き。家族思いで、穏やか。幼稚園時代(年中10月~)は、毎朝、自分でお弁当を作って持参していました。
夢は、衛星をつくることです(6歳:パイロットになること。3歳~5歳:ロケット作って乗る人になることから変更)

☆次男(6歳・小1)
歌と踊りが大好き、科学館大好き、キャンプ大好き。ひょうきん。
夢は、バスの運転手になること。(5歳トーマスの運転手、3歳:アンパンマンになることから変更)

☆長女(4歳・年中)
3人の中で一番のしっかりもの。よく気が利いて頼りになる。気が強いが愛嬌たっぷり。夢は苺屋さんになること。(2歳:ジェームスの運転手から変更)

アーカイブ

カレンダー

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031